京成船橋駅徒歩3分 JR・東武船橋駅徒歩5分。船橋で弁護士を頼むなら弁護士法人船橋中央法律事務所。

船橋不動産トラブル相談センター

船橋中央法律事務所 0120-586-886
  • 賃料滞納の対策
  • 賃料滞納の対策
  • 賃貸借契約の解約・更新拒絶
  • 不動産の契約と契約書
  • 不動産関係の相談一覧
  • 当事務所の解決事例
  • お問い合わせ
  • HOME
  • 賃料滞納の対策


賃料滞納の対策


収益物件の不動産オーナーの皆様、賃貸経営者の皆様にとって、頭を悩ませる問題の一つに、
賃借人の賃料不払があります。賃料を支払わない賃借人に対しては、

・未払賃料の請求
・賃料不払による契約解除及び明渡し請求
の手続を進めていくことになります。尤も
賃料の滞納が1ヶ月程度の場合、いきなり契約を解除し、明渡しを請求するのは困難ですので、賃料の滞納が短期間である場合には、まずは内容証明郵便等を送付し、未払賃料の支払いを求めるのが穏当です。他方、賃料の滞納が3ヶ月以上の長期間に及ぶ場合には、賃貸借契約を解除し、建物の明渡しを求めることになるのが一般的です。

賃料滞納問題解決の方法


・賃借人に対する請求
賃料滞納の問題を解決する為には、正しい手順を踏む必要があります。賃借人が賃料を支払わない場合には、賃借人に対し、内容証明郵便を送付し賃料の支払を求めます。

・連帯保証人に対する請求
賃借人が賃料を支払わない場合には、連帯保証人に賃料の支払を求めます。

・賃料請求のための法的手続(民事訴訟、支払督促、少額訴訟、強制執行)
支払能力があるにも拘わらず、賃料を滞納している賃借人には法的手続を行使することが有効です。連帯保証人に対してこれらの手続をとることも可能です。

・明渡請求
賃料の不払い等がある場合には、賃貸借契約を解除し、明渡請求を行うことが出来ます。なお明渡請求の方法に不備があると、逆に不法行為に当たるとして損害賠償請求される可能性もありますので、弁護士にご相談頂くことをお勧め致します。


賃料滞納の対策について詳しく知りたい方はこちら

賃料滞納の対策

賃借人への請求

保証人への請求

賃料請求のための法的手続

明渡し請求

賃料請求・明渡し請求の流れ

 
 

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。なお、お電話でのご相談は実施しておりません。来所してのご相談のみとさせて頂いておりますので、ご了承ください。

 
 

■HOME

■弁護士紹介

■事務所紹介

■アクセス

■弁護士費用